退去費用の問題を解決します

退去費用で困るのは『敷金0』で入居した人!

入居の時はない方が嬉しいけど退去の時にはあった方が楽な『敷金』

 

引っ越し費用も高額になるので、デキるだけ敷金はない方が良いと『敷金0』で物件を探している人もいますよね。

 

しかし、退去費用で困る人が多いのは、『敷金0』で入居した人です。

 

敷金を払って入居した場合、原状回復費用は大体、入居時の敷金内で収まることが多いです。

 

つまり敷金というのは、退去の時にお金で揉めないための保険のような意味合いがあります。

 

最初に敷金を預けておけば、後から「ここを修理する」と請求された時でも、敷金で何とかなります。

 

ところが、敷金を預けていない人の場合、「修理をします」となった時に、貯金がなくてお金が払えない人などもいるため、『敷金0』というのは貸し手にとっては大きなリスクになります。

 

家を借りる側は、無駄なお金を支払いたくないという気持ちが多いですが、やはり『家を借りている』以上、退去の時には、最低限の出費があることを覚悟しなければいけません。

 

特に現在は、退去時の『ハウスクリーニング』については、ほとんどの物件が契約書に明記され、請求される傾向があります。

 

賃貸契約は契約書が全てですので、契約書に必要とあれば、絶対に支払う義務が出てきます。

『敷金0』で入居した人は頑張りたい『貯金』

では、敷金0で入居した人は、退去費用で困らないためにやるべきこととは何なのか?

 

一つの方法としては、できるだけ退去の時までに『貯金』をして準備することです。

 

敷金0で入居を希望している人は、やはり金銭的に困っている人が多く、少しでも引っ越し費用を安くしたいと考えている人が多いです。

 

そういう人は、貯金があんまりないことも多いので、退去の時に請求をされるとお金に困ってしまうのです。

 

どの物件でも請求される可能性が高いハウスクリーニングの相場は4万円前後が多いです。

 

つまり、部屋を綺麗に使用している人でも、最低5万円くらいは退去の時にお金がかかる可能性があるのです。

 

そのため、敷金0で入居した人は、10万円程度の貯金があれば、退去時のクリーニング費用に対応できるわけです。

 

退去の時にお金をかけたくないので「クリーニング代を払いたくない!」という人もいますが、やはり契約書にクリーニング代金を請求すると書かれている場合は、支払い義務が発生しますので、払いたくなくても払わなければいけません。

 

それが嫌であれば、最初から契約を交わすべきではないのです。

 

不動産会社との契約をする時に、よく退去時の費用について、契約書を読んでいないで契約した人ほど後になって後悔する人は多いです。

 

しっかり、契約書を読んでからサインや捺印をしましょう。

原状回復費用が高くなるのは新築物件を短期間で出ていく人!

更に退去で原状回復費用が高くなりやすい人というのがいます。

 

それは新築物件を短期で出ていく人です。

 

原状回復費用としてクロスの張り替えなどがよく問題になりますが、クロスの張り替え料金の負担割合というのは、耐用年数や入居年数を考慮して決められるケースが多いです。

 

そのため、10年以上入居している人と1年しか入居していない人では、クロスの張り替えをする時に請求される費用がかなり違ってきます。

 

特に大きな問題もなく、普通に住んでいる場合であれば、長く住んでいる人ほど、クロスの張り替え費用の負担は低くなり、逆に短期間で退去する人が、クロスの張り替えをする時は割高になる傾向があります。

 

クロスなどの耐用年数は5〜6年程度が多いので、逆に長期で住む予定の人は、退去の時に思ったよりも負担が少ないと感じる人もいると思います。

 

また、クロスの張り替えをする時には、値段が気になって、自分が指定した業者に原状回復工事をしてもらえないか考える人もいますが、契約書にオーナー側の指定した業者を利用すると明記されているケースもありますので、その場合は入居人が指定した業者に工事をしてもらうことは不可能になります。

 

賃貸契約は契約書の内容が基本となります。

掃除嫌いは退去費用が高くなる傾向!

特に退去費用で最も気を付けないといけないのは、やはり『入居者の過失によって発生する原状回復費用』です。

 

具体的にはどんなケースかというと、『オーナーに無断で室内のリフォーム』や『掃除不足によるエアコンなどの故障』です。

 

エアコンは通常だと、経年劣化による故障については『オーナー負担』で修理になります。

 

ところが、故障原因が『掃除不足』となると、話は別!

 

掃除不足が原因でエアコンが故障した場合は、『入居者負担』になるのです。

 

また、オーナーに無断で行ったリフォームは、当然契約違反になりますので、入居者負担での原状回復が求められます。

 

賃貸契約というのは、やはりオーナーに家を借りているので、入居者はいくらそこに住んでいるとはいえ、自分の所有物ではありませんので、所有者の許可なしに勝手に室内をリフォームして良いものではありません

 

賃貸物件は自分の思い通りに好き勝手して良いものではありません。

 

勝手に手を加えてしまった部分については、必ず責任を取らされますので、安易な気持ちでリフォームをしないように気を付けましょう。

 

また、掃除不足による故障などは、入居者責任になりますので、掃除嫌いな人は面倒でも、定期的に掃除をして、メンテナンスを怠らないようにするのも高額な退去費用を避ける方法です。

 

 

渋谷 お金借りる